介護事務管理士技能認定試験ってなに?

介護事務管理士技能認定試験とは、2000年から日本で初めて介護事務者の資格の試験としてはじまったもので、日本全国の福祉事業所で認知されています。

 

介護事務管理士技能認定試験には、受験資格や年齢制限は設けられておらず、学科試験と実技試験が行われます。

 

学科試験では介護保険制度や、介護報酬についての知識などの法規問題や、介護給付単位数や介護報酬明細書の作成方法などの介護請求事務についての知識の問題が出題されます。

 

実技試験は3問出題されて、そのうちレセプト点検問題が1問、レセプト作成問題が2問の出題構成となっています。

 

JSMAが認定している介護事務管理士技能認定試験に合格して、資格を取得することによって、介護サービスを提供している事業所の会計やレセプト業務、受付などを担当する事務のスタッフとしての技術を証明することができますので、就職に有利になります。

 

介護事務管理士技能認定試験の受験の申し込みは、インターネット上で受け付けが行われています。介護事務管理士技能認定試験の合格率は50%程度となっていて、難易度の高い試験と言えます。

 

取得方法と受験資格について

介護の世界で働きたいと考えているならば、介護費用の請求やケアマネージャーの業務をサポートする仕事を行う介護事務管理士という仕事がオススメです。

 

どれくらいのスキルを持っているのかを客観的に判断できる介護事務管理士技能認定試験を受ける人が年々増えていますが、取得方法は奇数月の第四土曜日に実施されている介護事務管理士技能認定試験を受験して、合格することで介護事務管理士としての資格が認定されます。

 

このような資格試験にありがちなのは、最終学歴や今までの実務経験の有無などの受験資格ですが、介護事務管理士技能認定試験の場合はそれらが一切ありません。

 

年齢や性別、今までの学歴や職歴など一切制限されないため、やる気のある人ならばどんな人でも試験を受けることが出来るのです。

 

まだまだ受験者数が少ないために、試験会場は各都道府県の主要都市で行われるのが一般的で、地方在住者は試験会場に向かうのに手間やお金がかかることもありますが、資格を取れば転職や就職時に有利に働くこともあるため、介護業界で働くならば資格取得を視野に入れておくと良いでしょう。