介護事務に求められるスキルとは?

介護事務として働く際に、求められる事になるスキルというのは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

もし求められるスキルを持ち合わせていない場合には、介護事務に向いていない可能性もあります。

 

ここでは、介護事務に求められるスキルについて、ご紹介していこうと思います。

 

介護事務に求められるスキルとは

介護事務に求められるスキルには、主に以下のようなものがあると考えられます。

 

パソコンのスキル

介護事務は、主に介護施設などに勤務し、介護報酬請求業務(レセプトの作成)などを行います。

 

介護保険でサービスを受ける費用の1割を、利用者様が負担されることになります。その残り9割を、保険者が負担します。その請求業務を行う事が、介護事務の仕事となります。

 

このレセプト作成などは、パソコンを使用して書類作成を行っていく事になりますので、やはりパソコンのスキルというものは求められます。

 

正確に仕事をこなすスキル

また、請求業務を行うにあたり、正確さというものはとても大切です。

 

もしミスがあった場合には、思わぬトラブルに繋がる可能性があるほか、利用者様にもご迷惑をおかけしてしまうことになります。

 

ですので、正確に業務を行うことが出来るスキルというものも、とても重要です。

 

コミュニケーションスキル

なぜ介護事務にコミュニケーションスキルが必要なのかと疑問に思われるかもしれません。

 

実は、介護事務が介護職を兼任する場合があるのです。どちらかと言えば、介護職が介護事務を兼任する場合が多くなります。

 

もし介護職としても勤務する場合には、やはりコミュニケーション能力は必要となります。

 

また、介護保険に関連する内容について、利用者様の家族の方の相談に乗ったり、説明を行うこともあります。介護事務だからといって、デスクワークばかり一日中こなすわけではないのです。

 

そのため、このコミュニケーションスキルというものは、やはり持ち合わせておくべきスキルと言えます。