介護事務管理士技能認定試験の合格率はどれくらい?

現在最も業務の拡大化が進められている業界の一つとして、介護関係の業界を挙げることができます。近年の日本社会は高齢化が進み、介護を必要としている人が増え続けており、今後さらに増加すると考えられているのです。

 

今後の展望としては、介護業界の労働環境は、より整備され労働者にとって働きやすい環境となることが期待できるでしょう。そんな介護業界の将来を見据えて、介護関係の資格を取得しておくことは、有効な自己投資といっても過言ではないでしょう。

 

そんな介護関係の資格の中でも、介護保険について理解し、介護報酬の査定に関するスキルを証明する資格として介護事務管理士を挙げることができます。

 

介護事務管理士は介護事務管理士技能認定試験に合格することが認定される資格で、介護事務管理士技能認定試験は年に6回行われています。

 

介護事務管理士技能認定試験の合格率は、回によってバラつきがあるものの、50%程度となることが多いようです。2014年に実施された1月から7月の試験の合格率を見てみますと、1月が56.9%、3月が50.2%、5月が46.5%、7月が60.4%となっています。

 

試験の合格傾向

日本は現在世界でも有数の長寿大国となっており、全国民の数に対する高齢者の割合が非常に高くなってきています。

 

こうした高齢者の老後の生活を支え、またケアを行う介護や福祉施設は非常に需要が高まってきており、そこで働く専門のスタッフの求人も増加してきています。

 

こうした職種の中でも、実際のケアを現場で行うヘルパーや介護士といった職業の他、国や行政に給付金を支給してもらうための申請を行うなど、専門の知識を必要とする介護事務管理士と呼ばれる職業があります。

 

これには介護事務管理士技能認定試験を受験し、資格を取得することが第一に必要となりますが、実際の介護事務管理士技能認定試験では学科問題の他に実際に介護給付費明細書を作成するという技能試験も実施されます。

 

そのため、これらの試験に合格するため傾向として、学科問題に必要な基本的な知識の他、申請書の作成や点検をを確実に行う正確性を兼ね備えることが必要となっています。