介護事務の1日のスケジュールとは?

介護事務のスケジュールは、普通の事務の人と同じくらいの勤務時間と思って間違いありません。

 

企業や施設、医療機関によって変わりますが、基本、事務員の方と変わらないです。

 

朝9時に出勤して、17時に退社というケースが多いです。

 

朝出勤してまずは朝のミーティングがあります。施設利用者の出欠席や状況など細かくミーティングする施設もあります。

 

ミーティングが終わると事務作業です。介護職員の実績報告書をもとにしてサービス提供票に記入します。そして介護報酬の計算をします。

 

またその際には介護保険や介護サービスに関する業務をする、電話対応など接客をする事もあります。介護事務だけでなく普通の事務業務をする事もあります。

 

お昼をまたいで、また業務をこなす、そんな一日になります。

 

多くが介護給付費明細書を作成する事になります。サービス内容や施設利用者からの相談はケアマネジャーの仕事になるので、問い合わせがあればつなぐ事もします。また月末はこの介護給付費明細書の締めがあるので、忙しくなります。

 

基本1人行動が多い

業務内容はほとんど変わらないので、自分なりに色々と工夫して時間を作る事ができます。お茶くみやFAXなどをする事もあります。

 

介護事務は基本施設内に1人という事が多いので、自分なりに仕事の流れを考える事ができます。施設で働くスタッフがより仕事がしやすいようにサポートする事も多いので、気を遣う事も多いかもしれません。

 

また施設によっては、介護利用者に対して訪問する、説明をする事もあるようです。事務所にだけいるという事ではない場合があります。

 

しかし介護事務という事務の仕事ですが、介護の仕事に関わっている事には変わりはありません。介護という仕事は人に尽くすという、人のために働ける場所です。

 

その仕事に関われるという事はやりがいを感じていける仕事に間違いないです。ヘルパーなどと違ってハードな仕事ではないデスクワークなので、体力に自信のない人も安心して仕事ができます。