ケアクラーク技能認定試験に出題される科目

少子高齢化社会である今日の日本社会において、介護関係の仕事に対する需要はますます高まっています。

 

近い将来に介護関係の仕事の待遇はより良くなることが期待できますし、将来に備えて介護関係の資格を取得しておくことは、高確率で将来に活かされると考えて差し支えはないでしょう。

 

介護関係の資格の中でも、主に介護保険に関する資格としてケアクラーク技能認定試験という資格試験があります。この資格を取得しておけば、介護事務請求事務などの仕事に従事する際に大いに役立つことでしょう。

 

ケアクラーク技能認定試験は学科試験と実技試験の2段階にわかって行われます。学科試験の試験科目は、介護事務の一般知識として社会福祉や医学一般、介護保険制度など多数あり、合計で12科目となっています。科目数が多いので計画的な学習が必要であるといえるでしょう。

 

実技試験は住居サービスと施設サービスの介護給付費明細書の作成となります。ケアクラーク技能認定試験は学科、実技ともに7割以上の正解が合格の基準となっているようです。しっかりと学習をして臨みましょう。

 

試験の勉強方法

介護業界で仕事をするうえで、取得していると優遇される資格というのは数多く存在します。

 

例えば新卒で介護業界への就職を考えている場合や、転職をして介護業界で働きたいと考えている場合、関連する資格というのは必ずしも必要ではないものの、取得しているか否かで、採用に大きく影響してくるといっても過言ではないでしょう。

 

業務に従事する前に資格を取得していれば、予備知識が身に付きますし、本気度が採用試験官に伝わることでしょう。

 

数多くある介護関係の資格ですが、知識と実務の両方を認定してくれるケアクラーク技能認定資格を取得するのがおすすめです。

 

ケアクラーク技能認定試験は受験資格もなく、試験も年に6回行われているため、受験がしやすい点も利点だと言えます。ケアクラーク技能認定試験は学科試験と実技試験で構成され、学科試験の科目数は10種類以上と多くなっているのが特徴です。

 

ケアクラーク技能認定試験の勉強方法としてはスクールに通うか通信講座を利用するのが適切だと考えられます。試験科目が多いため、時間をかけて1つ1つの科目を確実に理解する勉強方法が良いですね。