ケアクラーク技能認定試験とは?

ケアクラーク技能認定試験とは、介護保険に関する事務の仕事に就く際に必要になる社会福祉制度や介護事務に関する知識と技能レベルを評価、認定する資格のことです。

 

この資格がなくても仕事は出来るため、働きながら介護保険制度について学び、資格取得を目指すこともできます。将来介護事務で働きたいと考えている方にとっては、仕事を早く覚えることができ、即戦力として働くことができます。

 

そのため、介護事務で働く前にケアクラーク技能認定試験を受け、資格を持っていた方が就職する時にも有利です。

 

就職先として、ケアクラーク技能認定試験は介護施設や老人保健施設、病院、介護保険居宅事業者などで働くことができます。資格試験は年6回、各都道府県の公共施設等で行われ、合格者の方にはケアクラークという称号を名乗ることができます。

 

試験内容は、学科試験、実技試験が行われています。介護現場では必要な人材になるため、ニーズの非常に高いものです。

 

取得方法と受験資格について

ケアクラーク技能認定試験とは、一般財団法人「日本医療教育財団」が実施している試験で、高齢者施設やデイサービスセンター、ヘルパーステーションなどでの介護事務に関する資格「ケアクラーク」が得られます。

 

この資格の取得方法は、各都道府県内の公共施設等で年6回実施されるケアクラーク技能認定試験に合格することです。

 

ケアクラーク技能認定試験の受験資格は特になく、誰でも受験できます。試験内容は、50分の学科試験と60分の実技試験です。

 

学科では、介護報酬請求事務に加え、人間関係、社会福祉、医学一般など幅広い範囲から出題され、25問択一式となっています。実技は、介護給付費明細書(レセプト)作成が2問出題されます。

 

学科試験、実技試験のそれぞれの合格率が70%以上で合格となります。試験に資料を持ち込むことは認められていますが、時間内に回答できるようレセプト作成の練習をしておくことが必要です。通信教育や団体受験校などで学習するのが効果的です。