ケアクラーク技能認定試験の合格率はどれくらい?

ケアクラーク技能認定試験の試験実施状況と合格率をご説明します。ケアクラーク技能認定試験は、介護保険制度が設立された平成10年から開始されました。

 

試験は年6回実施され、計約80回開催されたことになります。7000名を超える受験者数は、介護事務資格試験として最大規模の参加人数です。

 

ケアクラーク技能認定試験は2009年の結果で受験者が7810人、合格率は63.7%でした。他の年度については不明ですが、大体同じような合格率になっています。

 

約64%の合格率からそれほど難易度は高くないです。今まで試験を受けた経験者から話を聞くと、特に注意する点は時間配分です。

 

これはレセプト作成の実技も選択方式の学科でも起こる問題です。それを解決する方法としては、解らない問題や悩んで時間が掛かってしまう問題を飛ばして後回しにし、出来る問題から手を付けていくことです。

 

また実技では多少の間違いがあっても、書類の全体的なまとまりがあることが大切です。試験前から介護保険書類によく目を通し慣れておき、不安な気持ちや緊張を和らげておくと試験も成果を得ることができます。

 

試験の合格傾向

ケアクラーク技能認定試験の合格率ですが、2009年のデータですと7810人の方が受験しまして、合格率が63.7%となっています。約5分の3の数字になっていまして、現在でもこのような傾向が続いていると考えられます。

 

この合格率の数字ですが、それほど低くないという事は、ケアクラーク技能認定試験はあまり難しくないとも捉えられ、試験の内容自体よりもどのように解くのか、どのように時間を使うのかが大事なようで、難しい問題は後に回す等のその場での判断が大事になってくると言えるでしょう。

 

試験で全問キッチリと答えないといけないと思い、難しい問題に時間を使ってしまう人がいますが、そういう事をせずに、分かる問題から答えないといけません。

 

実際にケアクラーク技能認定試験を受験した人も問題の難しさよりも、時間が少なく感じたという方が多く、効率的に問題を解いていった方が合格されています。

 

このような合格傾向にありますので、勉強と同時に試験対策もしっかりとされると良いでしょう。